カテゴリ:笑いは百薬の長( 109 )

8才になる孫娘とサイクリングをしていたときのことだ。
「あと十年も経てばあなたも友達がいっぱいできて、今みたいにおばあちゃんとサイクリングに行ったり泳ぎに行ったりしてくれなくなるわね。」と私が感慨深く言うと、孫娘は肩をすくめてこう言った。
「十年も経ったら、おばあちゃんはサイクリングや水泳はどっちみちできなくなるでしょ。」
投稿:ジェームズ・エイハン
日本語:野澤
[PR]
友人のところでガレージセールがあるというので、一本30ドルという値を付けてタイヤを4本持って行った。途中ちょっと用ができたので隣の人に店番を頼むと気軽に引き受けてくれた。

「でも安くしてくれっていわれたらどうしよう?」
「15ドルまでは負けていいよ。」と私は言い残して出かけた。

戻ってみるとタイヤが売れている。いくらで売ったんだいと私が聞くと、一本15ドルとの答え。

「誰が買ってったんだ?」
「僕さ。」

投稿:デビッド・ジャンセン
日本語:野澤
[PR]
いつものように近所のスーパーに買い物に行ったときのことである。

車から出ようとすると、誰かが私をしっかと抱き留めて車から出られないではないか。更に出ようともがいてみるが、腰のあたりが動かん。この年になって私の腰に用があるとは不届きな奴と思いながらも、まんざらではないわいとほくそ笑みつつ、ふと腰のあたりを見ると、
「うぉ~~っ!」

私を引き留めているのは、、、シートベルト!

50を過ぎると出るといわれるこの妖怪、皆様もご注意を!
[PR]
軍用輸送機に乗っていたときのことだ。ふと見ると飛行機の後ろの方から油が漏れているではないか。「油が漏れてますよ。」と乗組員に言うと

「知ってるよ。」と驚きもしないで答えた。

「大丈夫ですか。油圧の油がなくなったら、どうなるんです?」と聞くと、その乗組員は平然と答えた。

「漏れが止まるさ。」

投稿:David Ford
日本語:野澤
[PR]
「子犬、譲ります。ジャーマンシェパードとアラスカンハッスルとの雑種8頭」

投稿:Richard A. Harms
日本語:野澤
[PR]
新発売のコンピュータ用ソフトを買って立ち上げてみると、その中に紙飛行機作成ソフトというのが入っていた。
これは試してみるしかないと思って、作りたい飛行機や、付属機器を次々に選択していくと、AM/FMラジオという項目があるではないか。どんなものかと思ってこれを選択すると、こんなダイアログが。
「おいおい、頼むよ。ただの紙飛行機だぜ。」

投稿:Greg Scott
日本語:野澤
[PR]
ニューヨークの北部に転居した私たちはまず家を買った。前には年寄りのおばあさんの姉妹が住んでいたらしい。冬はもう間近だったので暖房がちゃんとしているかどうか私は心配だったが、あのおばあさん達がずっとここで住んでたんだから僕たちだって住めないことはないさ、と夫は言った。

さて十一月のある朝のことである。気温は氷点下10度まで下がり、起きてみると壁は一面霜で覆われていた。夫は早速前の持ち主のおばあさんに電話をかけて、どうやってこの寒さをしのいだか聞いたのだが、返ってきた答えは簡単なものだった。

「この三十年間はあんまり寒いので、冬はフロリダで過ごしていたのよ。」

投稿:Linda Dobson
日本語:野澤
[PR]
ある田舎町の商店にこんな看板がある。「犬に注意!」

店をのぞくと、穏やかで年取った犬が玄関の扉の後ろですやすや眠っている。

「あの犬のことですか?」と聞くと、
「そうですよ。」と店主。

「おとなしそうな犬じゃないですか。どうしてまたあんな看板なんか置いてるんです?」

「あれがないとお客さんがあれにつまずくんですよ。」

投稿:L.B.Weinstein
日本語:野澤
[PR]
長い間ダイエットに挑戦してきた私は、中年になって更にこのダイエットが難しいものであることに気が付いた。ある晩、きつくなったズボンをはこうと思ったらなかなかはけないので夫にこういった。
「早くおばあちゃんにならないかしら。そうすれば太ってたってもう誰も気にしないのに。」
すると夫は
「おじいちゃんは気にするよ。」

投稿:Iris Cavin
日本語:野澤
[PR]
これなら私にも応募資格があるという求人広告:

「バーテンダー募集。経験不問。
条件:身分証明書、車、それから自前の歯があること。」

投稿:Amy Goss
日本語:野澤
[PR]